黒岩正和×笑達 展 「土の上に生きる」於 和歌山 norm

1000
写真家 黒岩正和が撮り、似顔絵描き 笑達が描き、人が生きている姿を故郷和歌山県で展示します。
それはつまり、自分たちが生きているということ。
生まれ育ったこの場所で、「今」の自分たちが生きる姿を感じてもらえたら嬉しいです。

日時:2017年6月2日(金)- 11日(日)11:00-19:00
場所:norm(ノルム) 旧西本組本社ビル1F
〒640-8224 和歌山県和歌山市小野町3-43 西本ビル 1F
TEL:073-499-8867
URL: http://www.norm-s.jp/

展示詳細:http://96box.com/event/2017/0602/
作家在廊日:黒岩正和 6月4日(日)、8日(木)〜11日(日)
笑達:3日(土)、4日(日)、9日(金)〜11日(日

人が生きる日々と出会い、人が生きた日々を刻む
土の上に生きて、日々を生きる
日々を生きて、命をつなぐ

黒岩正和の撮る写真は、生きている写真。日本の島々、アジアの少数民族の人たち。どの写真も日々を生きる人の熱が伝わってきます。それはつまり、彼自身が生きているということ。
彼の写真のように、僕も似顔絵を通して自分自身を描いているのかもしれない。自分自身が、こうやって生きていたいのかもしれない。
笑達

笑達が描く似顔絵には、描かれる側の人生の味が滲み出ているように感じる。
人生の味とは、言い換えれば、その人が持っている魅力だ
自分自身が気付いていない魅力に似顔絵を通して出会う。
そんな素敵な出会いが彼の似顔絵にはある。
一緒に旅し、彼が描く日々に寄り添い、彼が持っている優しさや真面目さ、向き合う姿勢がその出会いを生み出しているのだと強く感じた。
黒岩正和

///////////////////////////////////

会期中、イベントも開催予定です。ぜひご参加ください。

◆島酒ナイト
6月10日(土)17:00 OPEN 18:00 START  参加費:¥3000(+1drink ¥500)
LIVE:たゆたう、かりきりん
FOOD:souwa
ドリンク・アテ:島酒のんべぇ
予約優先:contact@and-nigaoe.jpまでお名前、連絡先、参加人数をお知らせください。

◆笑達 似顔絵会/大判サイズ似顔絵受注会
6月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日
11:00-19:00 ※10日はライブ開催のため17:00まで
予約優先:contact@and-nigaoe.jpまでお名前、連絡先、参加人数、ご希望サイズをお知らせください。

参加費:¥3240〜
※人数、サイズにより変動します。詳細はhttp://and-nigaoe.jp/からご確認ください。

///////////////////////////////////

作家プロフィール

黒岩正和 写真家
1982年和歌山県生まれ。
大学卒業後、写真家 溝縁ひろし氏のアシスタントを経て独立。
18歳の頃より、東南アジア各国を野宿で放浪。
その後、山岳少数民族の暮らしを撮影するため、中国・雲南省に長期に渡り滞在。
21歳より日本の島を撮影し始め、偶然出会った島の祭に魅了される。(2017年現在350島以上を撮影)
http://kuroiwamasakazu.com/

笑達 似顔絵作家
1982年 和歌山県生まれ。
19歳から似顔絵を描きはじめ、現在までに描かせてもらった人数は30,000人以上。
目の前の人の存在と、その魅力をそのまま似顔絵に描く。
2001年より京都の路上で似顔絵を描きはじめる。
2005年 似顔絵作家集団『WORLD1』設立。
2012年 独立、『&NIGAOE』設立。
似顔絵作家“笑達”として個人活動を開始。全国各地で似顔絵制作、個展多数。
http://and-nigaoe.jp/

///////////////////////////////////

店舗情報

norm(ノルム)
古いものと新しいもの。
長い時をかけて愛用されたものを今に、今この時に生み出される新しいものを未来に残せるように。
時間の移ろいに左右されない、普遍的な美しさ。そんな美を集め、伝えます。

旧西本組本社ビル
大正後期に建てられたビル。和歌山市の中心部、閑静な住宅地の一角にあり、戦災によって歴史的建築物が殆ど現存しない県都において、数少ない民間所有の近代洋風建築である。2000年には、国の登録有形文化財として登録された。

森道市場2017 御礼

森道市場、今年も大盛況のもと終了しました。一日目は悪天候の中でも描きに来てくださった人がいて、二日目はもう描ききれないほどの人が。たくさんのご縁をありがとうございます。

愛知から和歌山へ移動し、次回は6月2日〜11日、和歌山、normで。
黒岩正和×笑達 展 「土の上に生きる」→http://96box.com/event/2017/0602/
今からとても楽しみです。よろしくお願いします。

笑達 似顔絵展「土の上で生きる」於 栃木 ドライブイン茂木 御礼

ドライブイン茂木での似顔絵会、大盛況のもと終了しました。連日近隣から、遠方からたくさんの方が来てくれて、満ち満ちた日々。
ここで人と出会い、食事をし、時間を共に過ごし、あらためてこの場所の素晴らしさ、美しさがわかりました。
天と地、この場を創り出す人々、近隣に住む人々、そしてその人が育てる野菜や果物。人と天地、全てが溶け合い、この場所は確かにここに有りました。
何度でも来たい場所が、また一つ増えました。
この場を創り、今回のご縁を繋いでくれた皆様、遠方から、近隣から、来てくれた皆様。
本当にありがとうございました。またこの場所で会えるのを楽しみにしています。

笑達 似顔絵展 於 かぐれ表参道店 御礼

笑達 似顔絵展 「日々をつなぐ」 於かぐれ表参道店
4月30日に盛況のもと終了しました。たくさんの出会いとご縁に感謝です。
共に展示してくれたi a i、黒岩正和、河合悠、ReBuilding Center JAPANの皆さん。この場を設けてくれたかぐれの皆さん。来てくれた皆さん。
とても美しい日々をつないでくれました。本当にありがとうございます。

笑達 似顔絵展 於 かぐれ表参道店 参加作家紹介

今回の展示に参加してくれる尊敬すべき作り手の日々がつながり、この展示が生まれました。
作るものはそれぞれ違っても、それぞれが生き、生み出すものは美しい。この場を通して、たくさんの方の暮らしにつながりますように。

SONY DSC

SONY DSC

i a i(衣) @taikiiai

彼の作る美しい衣の数々。その衣には彼の暮らす村の、かけがえのない美しい日々が流れているかのようです。京都福知山の山あいに在る十戸二十八人の村。その中で一番若いi a i夫妻の暮らしを優しく、暖かく見守っている村人の皆さん。そこで出会った美しい姿を僕は一生忘れません。
今回の展示では彼の美しい衣と共に彼が住む村の人たちの似顔絵を展示、販売。また、即興での衣の制作もあります。
i a i 即興制作→http://www.kagure.jp/22469/ (現在キャンセル待ち状態)

profile
1991年生まれ。京都出身。
独学で服作りを始め、パターンを用いず直感的に一点服を制作している。
2015年より十戸二十八人の山村に拠点を置き活動中。
草木土染めや、村のおばあちゃんの手仕事など、土地や山の恩恵を受けて日々服作りをしている。
http://iaiiaiiai0512.tumblr.com/


DSC_3145
D3A_0582
黒岩正和(写真)

彼の撮る写真は、生きている写真。日本の島々、アジアの少数民族の人たちの写真。どの写真も日々を生きる人の熱が伝わってきます。それはつまり、彼自身が生きているということ。
彼の写真のように、僕も似顔絵を通して自分自身を描いているのかもしれない。自分自身が、こうやって生きていたいのかもしれない。
今回の展示では彼が撮った国内外数々の写真を展示、販売します。また二人で行ったラオスでの写真と似顔絵も共に。

profile
1982年和歌山県生まれ。
大学卒業後、写真家 溝縁ひろし氏のアシスタントを経て独立。
18歳の頃より、東南アジア各国を野宿で放浪。
その後、山岳少数民族の暮らしを撮影するため、中国・雲南省に長期に渡り滞在。
21歳より日本の島を撮影し始め、偶然出会った島の祭に魅了される。(2017年現在350島以上を撮影)
http://kuroiwamasakazu.com

R9355794

15042068_1328358593855529_3833839836448371539_o
ReBuilding Center JAPAN(古材/額縁)

”ReBuild New Culture”
世の中に見捨てられたものに価値を見出し、次の世代に繋げていく。
彼らの手で救い出されるのは単なる素材だけではなく、そのものに込められた人の暮らし、思い出、長い長い時間。それらが重なった美しい日々です。
今回は彼らがレスキューした古材に加え、その材を使った額縁のオーダーをお受けします。刻まれた日々が、似顔絵をあたたかく包んでくれます。

profile
ReBuilding Center JAPAN(リビセン)は、長野県諏訪市にある建築建材のリサイクルショップです。レスキューした木材やトタンがたくさんの倉庫、それを加工する工房、デザイン事務所、カフェを併設しています。
私たちの理念は”ReBuild New Culture”
世の中に見捨てられたものに価値を見出し、もう一度世の中に送り出し、次の世代に繋げていく。
見過ごしていたもの、見捨てていたものをもう一度手に取りなおして磨いてみたら、その存在の美しさに気づく。そんな体験をひとつ積める場所に、リビセンがなれればいいなと思っています。
http://rebuildingcenter.jp/

13647050_1164018716973004_2041239779_o
P1050335
河合悠 / Yu Kawai(蝋燭)

彼は蝋燭を作る人というよりは、火を灯す人。火を捧げる人。
火は遠い遠い昔から、人が生きる日々になくてはならないものでした。
食べる。闇を照らす。道具を生み出す。神に祈る。
彼の灯す火は日々を仄かに照らし、その火で浮かぶ闇は私たちの日々をあたたかく包み込みます。
今回の展示では彼の作る蝋燭を展示、販売。彼の灯す火の中で描く「暗闇の中での似顔絵会」も開催します。
暗闇の中での似顔絵→http://www.kagure.jp/22457/ (現在キャンセル待ち状態)

profile
2003年より蝋燭の制作を始める。
灯りとのつながりを求め、各地での場作りを続ける。
陶芸家やガラス作家、金工作家とのコラボレーション作品の展開や各地でのワークショップや個展の他に、haruka nakamura piano ensemble、AOKI’hayato 、ARAKI shin 、Quentin Sirjacq、青葉市子、内田輝、森ゆに、高木正勝、土取利行など多くの舞台装飾を行っている。
http://yukawai.jugem.jp/

春の出張似顔絵会2017

R9350246
あたたかな春は出張似顔絵が続きます。全国各地でたくさんの方に出会えるのを楽しみにしています。

4月15日(土)、16日(日)10:30 – 16:30
埼玉 狭山 稲荷山公園 みどりのクラフト
http://midorino-craft.jimdo.com/
予約:contact@and-nigaoe.jp

4月22日(土)- 4月30日(日)11:30 – 20:00
東京 かぐれ表参道店 笑達 似顔絵展 「日々をつなぐ」関連イベント
似顔絵会 http://www.kagure.jp/22405/
似顔絵大判サイズオーダー会 http://www.kagure.jp/22431/
予約:上記ページより予約可能

 5月4日(祝)、5日(祝)、6日(祝)10:00 – 16:00
栃木 茂木 ドライブイン茂木 / 雨余花・Serendip・町田古本店・色実茶寮
http://www.uyoka.com/
予約:coming soon

5月13日(土)、14日(日)10:00 – 日没まで
愛知 森道市場2017
http://mori-michi-ichiba.info/
予約:contact@and-nigaoe.jp

笑達 似顔絵展 於 かぐれ表参道店

170327_nigaoe_top

笑達 似顔絵展 於 かぐれ表参道店

人が生きる日々と出会い、暮らしを包む衣を着る
人が生きた日々を刻み、火を灯し日々に祈る
土の上に生きて、日々を生きる
日々を生きて、命をつなぐ

かぐれでの夫婦の展示は5年目を迎え、今回は初めて前編と後編に夫婦分かれてお届けします。尊敬できる作り手との出会いによって、この展示が生まれました。

今展示では、4組の作り手の作品を彼らの似顔絵と共にご紹介します。もちろん、常日頃国内外で描き続けた似顔絵も、今年もたくさん会場に並びます。似顔絵会とオーダー会も連日開催します。
作るものはそれぞれ違っても、それぞれが生き、生み出すものは美しい。この場を通して、たくさんの方の日々につながりますように。

2017年4月22日(土)- 4月30日(日)11時半-20時
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-25-12 MICO神宮前
TEL:03-5414-5737

展示詳細ページ:http://www.kagure.jp/22367/

似顔絵会:http://www.kagure.jp/22405/
予約フォーム:ここから

大判サイズ似顔絵オーダー会:http://www.kagure.jp/22431/
予約フォーム:ここから

暗闇の中での似顔絵  灯:河合悠:http://www.kagure.jp/22457/
予約フォーム:ここから

i a i 即興制作:http://www.kagure.jp/22469/
予約フォーム:ここから

笑達×川井有紗 夫婦展 於 福岡 うつしき

R9354697

2017年一回目の展示は福岡の美しいギャラリー、「うつしき」にて。今回は夫婦で参ります。
各地で描きためた似顔絵と、妻の新たな試みも合わせて持っていきます。今年もたくさんの出会いがありますように。

笑達×川井有紗 夫婦展 於 福岡 うつしき

春を生きて、夏が来る
夏を生きて、秋が来る
秋を生きて、冬が来る
冬を生きて、またやって来る春
土の上に生きて、日々を生きる
日々を生きて、命を繋ぐ

2017年3月25日(土)- 4月2日(日)11時-18時
822-0112 福岡県宮若市原田1693
tel : 0949-28-9970
web : http://utusiki.com/

※似顔絵、ライブ、ワークショップの予約は電話での予約対応となりますのでお店に直接ご連絡ください。
///////////////////////////////////////

17352564_995594103875622_6932766777156424112_n
笑達×川井有紗 夫婦展 オープニングイベント1

「暗闇の中での似顔絵」 

灯 河合悠

3月25日(土) 17:00 、18:00
3月26日(日)17:00 、18:00 

一日二名限定 4000円  予約優先
予約:0949-28-9970まで 

今回の展示中、作灯家、河合悠さんの燈す灯の中で似顔絵を描きます。
暗闇の中に佇む表情、気配のようなもの。
火を見る時、火にはその人自身が映ります。
心の中の想いなのか、それともその人そのものなのか。
いつまでもいつまでも。
自身の深淵に進んでいくような中、すくい取る表情、灯に映るその人を感じながら、描きます。
ぜひご参加ください。

期間中は河合悠さんの灯も展示・販売します。
販売価格 2000円+税~

河合 悠 / Yu Kawai
2003年より蝋燭の制作を始める。
灯りとのつながりを求め、各地での場作りを続ける。
陶芸家やガラス作家、金工作家とのコラボレーション作品の展開や各地でのワークショップや個展の他に、haruka nakamura piano ensemble、AOKI’hayato 、ARAKI shin 、Quentin Sirjacq、青葉市子、内田輝、森ゆに、高木正勝、土取利行など多くの舞台装飾を行っている。
http://yukawai.jugem.jp/
///////////////////////////////////////

17357023_10206728952420994_655090836_o
笑達×川井有紗 夫婦展 オープニングイベント2

「芽吹きの演奏会」 演奏 青木隼人

3月26日(日)
開場13:00 開演13:30
定員25名
3500円
予約:0949-28-9970まで

私達のいる世界には季節があります。
春・夏・秋・冬と様々な世界を見せてくれます。
そして、私達一人一人の中にも春・夏・秋・冬と季節が巡っているように思うのです。
様々な命が冬眠する冬を越えて、芽吹きの春がやって来ます。
今、私の中にも春のような芽吹きが身体の中を巡っています。
今回、音楽家の青木隼人さんと、植物の力をかりて、芽吹きの春を描けたらと思います。
すぐそばにある春を皆さんにも見つけてもらえれば幸いです。

青木隼人 AOKI,hayato
ギター演奏を中心に音楽を続ける。自主レーベル「grainfield」からCD作品を9つ発表。ジャケットのデザインも自身で手がける。ソロでの演奏活動のほか haruka nakamura とのデュオは2014年にアルバム『FOLKLORE』を発表。
http://grainfield.net/

///////////////////////////////////////

image6

笑達×川井有紗 夫婦展 関連イベント1

笑達 似顔絵会 / 似顔絵受注会

3月25日(土)、26日(日)、27日(月)、4月1日(土)、2日(日)
※26日は演奏会のため13時-15時の予約はお受けできません。
予約優先
予約:0949-28-9970

.参加費
カードサイズ
・127×178mm(写真2Lサイズ) ¥3240〜¥7560
・182×257mm(B5サイズ) ¥6480〜¥15120 .

大判サイズ ¥12690〜

///////////////////////////////////////

004
笑達×川井有紗 夫婦展 関連イベント2

川井有紗ワークショップ

『宝物を編む』

うつしき周辺を散策し、拾い物を持ち帰り、それを編む自分だけの宝物を編むワークショップ。
編んだ作品はアクセサリーや、オブジェにしていただけます。
きれいだなと思うもの、心惹かれるもの。
自分自身が美しいと感じるものをぜひ見つけていただけたらと思います。
皆さんと一緒に自然の中に美しいものを見つけ、自分だけの宝物作りをしてみませんか?


4月2日(日)
13:00 – 約3時間(制作時間)
4000円
定員数 8名
予約:0949-28-9970

Laos Ruang Namtha 1

DSC_3742

写真:黒岩正和

ラオスを振り返る。
2017年3月2日木曜日、ラオスのバン・ナムディに着きました。
4年前、偶然の出会いから仲良くなり、家に泊めてもらい、食事をし、共に時を過ごしたナンター一家。
いつかまた会いたいと思いつつ4年が経ちました。写真家の黒岩くんとのご縁で再びこの村に来ることができました。

4年ぶりの再会は心を震わせ、ナンターとタオオンは前と変わらない笑顔で出迎えてくれました。9歳になった孫娘のナンミンは少しはにかみながら。
ナンミンはさっそく友達を呼び集め、新しくなった村の小学校で似顔絵を描く準備を始めます。この村では彼女が監督。彼女のおかげでたくさんのご縁ができたのです。
ラオスもこの村も4年の間にいろんな変化がありました。この村の人達の暮らしにもその影響は大きくあるようです。
けれどこの先何年たっても、ここに来れば会いたい人達がいて、きっとまた笑顔で迎えてくれる。それだけでこの場所は自分にとっての大切な場所になる。世界は遠く、そして近い。

I look back to Laos.
I have arrived at Laos B.Namdy on Thursday on March 2, 2017.
4 years ago,I met the family, and I stay in a house, and which had a meal, and spent time together.
I’d like to meet some other time, but 4 years have passed, thinking. I could come to this village again by the relationship with my friend Kuroiwa of a photographer.

The 4 year after meeting shakes my heart. By the family’s smiling face.
Nang-min begins to call a friend together and draw a portrait by an elementary school in the village which became new right away. She is director at this village. The relationship of much is done thanks to her.
Various changes were between 4 years Laos and this village. The influence also seems big in people’s living of this village.
But, if no matter how many years away, when coming here, the people welcome with a smiling face again surely. This place will be the important place for me only with that. The world is far and close.

帰国

DSC_4226
写真:黒岩正和

先日無事にラオスから帰国しました。
4年ぶりに再訪したルアンナムターとその周辺の村々。
この4年で変化した部分もたくさんありました。そして変わらないたくさんの尊い出会いと、美しい日々がそこにはありました。
共に過ごした黒岩くんに感謝を。
少しずつラオスでの日々も振り返りたいと思います。

I returned Japan from Laos.
I visited the villages in circumference Ruang Namtha again in 4years.
There were also many parts which changed in these 4 years.
And a lot of precious encounters and beautiful days were there which don’t change.
Thanks for Kuroiwa who had time together.
I’d like also to look back to days in Laos.

Photo: Masakazu Kuroiwa