Laos Ruang Namtha 1

DSC_3742

写真:黒岩正和

ラオスを振り返る。
2017年3月2日木曜日、ラオスのバン・ナムディに着きました。
4年前、偶然の出会いから仲良くなり、家に泊めてもらい、食事をし、共に時を過ごしたナンター一家。
いつかまた会いたいと思いつつ4年が経ちました。写真家の黒岩くんとのご縁で再びこの村に来ることができました。

4年ぶりの再会は心を震わせ、ナンターとタオオンは前と変わらない笑顔で出迎えてくれました。9歳になった孫娘のナンミンは少しはにかみながら。
ナンミンはさっそく友達を呼び集め、新しくなった村の小学校で似顔絵を描く準備を始めます。この村では彼女が監督。彼女のおかげでたくさんのご縁ができたのです。
ラオスもこの村も4年の間にいろんな変化がありました。この村の人達の暮らしにもその影響は大きくあるようです。
けれどこの先何年たっても、ここに来れば会いたい人達がいて、きっとまた笑顔で迎えてくれる。それだけでこの場所は自分にとっての大切な場所になる。世界は遠く、そして近い。

I look back to Laos.
I have arrived at Laos B.Namdy on Thursday on March 2, 2017.
4 years ago,I met the family, and I stay in a house, and which had a meal, and spent time together.
I’d like to meet some other time, but 4 years have passed, thinking. I could come to this village again by the relationship with my friend Kuroiwa of a photographer.

The 4 year after meeting shakes my heart. By the family’s smiling face.
Nang-min begins to call a friend together and draw a portrait by an elementary school in the village which became new right away. She is director at this village. The relationship of much is done thanks to her.
Various changes were between 4 years Laos and this village. The influence also seems big in people’s living of this village.
But, if no matter how many years away, when coming here, the people welcome with a smiling face again surely. This place will be the important place for me only with that. The world is far and close.

帰国

DSC_4226
写真:黒岩正和

先日無事にラオスから帰国しました。
4年ぶりに再訪したルアンナムターとその周辺の村々。
この4年で変化した部分もたくさんありました。そして変わらないたくさんの尊い出会いと、美しい日々がそこにはありました。
共に過ごした黒岩くんに感謝を。
少しずつラオスでの日々も振り返りたいと思います。

I returned Japan from Laos.
I visited the villages in circumference Ruang Namtha again in 4years.
There were also many parts which changed in these 4 years.
And a lot of precious encounters and beautiful days were there which don’t change.
Thanks for Kuroiwa who had time together.
I’d like also to look back to days in Laos.

Photo: Masakazu Kuroiwa

ラオスへ

今日から数日間、写真家の黒岩正和くんと一緒に、メコン川周辺からのラオスに行ってきます。

彼が撮る写真は、どうしようもなく人の生きている熱がそのままで、その写真は彼自身なんだと思える。この旅行で自分にとっても何か新しい発見がある気がします。
彼とは帰国後、各地で展示も予定しています。

僕にとっては約4年ぶりのラオス。4年前に出会ったナンター一家は元気かな?いろいろ楽しみな旅です。

黒岩正和 http://kuroiwamasakazu.com/

431165_354009434677900_775680896_n

734255_321230821311957_2041425678_n

Nagarkot

ヒマラヤ山脈がとても美しい。ナガルコットにて。
4年前に似顔絵を描かせてもらった家族に会いに、再び訪れた。
着いてすぐに家族を探す。出会う人出会う人に尋ね、ようやく会えたアパ(お父さん)、アマ(お母さん)、その子供のビシャール。4年ぶりの再会。
ビシャールは12歳から16歳になり、会ってもすぐに誰かはわからないくらい大きくなっていた。(4年前の写真の真ん中の子がビシャール)
周りの人に教えてもらい、やっと気付いた。そのあまりの成長に感動して、身体が震える。涙が出そうになった。
アパはこの4年で少し皺が増えたかな。アマは全然変わってない。瑞々しい朗らかな笑顔。

またこうして会えることがこんなに嬉しいとは思わなかった。みんな元気そうで、本当によかった。
4年前に描いたビシャールの3人のお兄さんは、それぞれ仕事をしに外国にいる。でもこうしてこの家族の変化を再び描くことができた。家族の似顔絵を描いているとその兄弟の友達も来て一緒に描いた。
繋がったご縁を大切に。これから先もまた元気でここで会えるように、紡ぎ続けよう。
またいつか会える日まで、みんな元気で。

I went to NAGARKOT where the Himalaya Mountains is very beautiful.
To meet the family who I drew portraits 4 years ago, I visited again.
I arrive and look for the family immediately. I asked some people who meets and meet, and after few minute, find APA (father), AMA (mother), and BISHAL (child). 4 years after meeting.
BISHAL become 16 years old from 12 years old and became so big and gentle that I could’t recognize who you were immediately even if I met.
Some people told me that he is BISHAL, and I recognized finally. I was impressed with the growth so much, and tears nearly flowed.
Did wrinkles increase a little in these 4 years in APA? AMA is just the same as you before were. With beautiful smile.

I didn’t think I was so happy to be able to meet in this way again. Everyone seemed fine and it was really happy.
3 elder brothers of BISHAL who drew 4 years ago are in a foreign country to work respectively. But this family’s change could be drawn again in this way. When I drew the family’s portraits, the brother’s friend came and drew together, too.
I treasured encounter. I’ll keep drawing in order also to meet here.
I prayed everyone’s happy and I hope to see you again.

Kathmandu 3

カトマンズにあるとある学校にて。
ここには3歳くらいの小さい子から高校生まで大勢の生徒が通っている。
多くの人の支援で成り立っている学校。そこに通う生徒も支援を受けている人が多いそうだ。
詳しくはこちらに→http://aihibi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08

その中の2人の兄弟とご縁が繋がり、描かせてもらった。
今年卒業のお兄ちゃん、アシスとその弟のアユス。
「大学では心理学を学びたい。」と笑うアシス。
夢を持って学び続ける二人。若さは未来。彼らの未来を支えている大勢の人。
人が人を支えて、未来が紡がれている。
またひとつ、美しい光景を見させてもらった。

The school in Kathmandu.
Many students go to from about 3years old small child to a high school student here.
The school which stands up by much people’s support. It’s said that there are a lot of people who get support the student who goes to and from there, too.
http://aihibi.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08

The relationship connected with 2 brothers in there, and I draw their portraits.
Elder brother of this year’s graduation, ASHISH and the younger brother’s AYUSH.
“I’d like to learn psychology at a university.” ASHISH said with smile.
Two people who keep having a dream and learning. The youth is the future. The many people supporting their future.
People supports people, and the future is going on.
I was seen the beautiful view again.

Kathmandu 2

15492556_926325020802531_8458211011922060829_n

また美しい人と会いました。
僧侶のクショ・トゥンドゥラ。
描いている途中も祈りを欠かさず、彼の体の動き、柔らかい声、全てが仏と繋がっているように思える。
描き終わった後、ぼそりとチベット語で呟き、白い布を首にかけてくれた。
涙が出そうになり、唯一知っているチベット語で「ありがとう」を繰り返す。
思わず握った彼の手は大きくて、柔らかく、暖かい。
美しい出会いをありがとうございました。

I met a beautiful man.
Priest’s Kusho Chundula.
While drawing,he don’t miss a prayer, and the soft voice and all with his to move and form , those seem connected with Buddha.
After finished drawing, he muttered some words by a Tibetan, and he had a scarf around my neck.
Tears nearly flow and I repeated Tibetan all I know “thank you very much” .
His hand is big, soft and warm that I taken unconsciously.
Thank you very much for beautiful encounter.

Kathmandu 1

15442153_925272987574401_2510114239576814214_n
とても美しい人に会いました。
祈りの人。吸い込まれるような暖かい眼差し。
出会った瞬間に、光に包み込まれたような感覚。彼女が微笑みかけてくれるたびに、僕の心は心地よく揺らぐ。
似顔絵を描かせてもらっている間は、彼女を通して別の世界を見ているようでした。
美しい人。この素晴らしい出会いに心から感謝します。

I met a very beautiful woman.
She pray everyday.
When I met her, I feel I was wrapped in light at the moment . Every time she begins to smile, my heart is pleasant and swaying.
While I was drawing a portrait, I seemed to be seeing the different world through her.
The warm look drawn in. Thank you so much this wonderful encounter.

TOUTOI 4 Nepal

15541112_922949431140090_2317563442376974208_n

2016年最後の旅は4年ぶりにネパールへ。今日無事にカトマンズに着きました。ネパールの人々と一緒にものづくりをしているai,のKaori Watanabeさんの知人に会いに。そして、新たなご縁と4年前のご縁が繋がれば。
短い期間ですが、再びこの地に戻ってこれたことが嬉しいです。
写真は4年前の様子。4年ぶりに訪れたカトマンズは、やはり人の生きる熱に溢れていました。

The last travel in 2016 is to Nepal. I have arrived at Kathmandu today. This time, I’ll meet Ms. Kaori watanabe’s friends (she producing items with Nepalese people). And when the new relationship and the relationship of 4 years before connect.
It’s a short period, but I’m happy that could return to this place again.
A picture is the state of 4 years before. Kathmandu visited in 4 after was flooding the heat through which a people lives.

TOUTOI 3

1779696_465825486852489_177184244_n

少し短めでしたが、無事に帰国しました。
今回は体調崩したりいろいろありましたが、またたくさんの人に助けてもらい、素敵な時間を過ごすことができました。
僕は行った先々、出会った人たちに、いつもたくさんの恩をもらっています。
この感謝を次に出会った人に返すこと。
この循環を大切にしている限り、間違いはないと思う。

たとえ遠く離れてても、巡り巡ってまたその人にも還るだろうし、自分にもまた還ってくる。
大切なことって、実はこんなシンプルなことじゃないかな。

出会ってくれて繋がってくれた人たち、本当にありがとう。
この感謝を必ず返します。

Although this travel was somewhat short, I came back Japan safely.
This time, although there were variously things that I caught fever and more, many people helped me and I was able to spend great time.

I have always got many obligations from the people who met anywhere.
Return this gratitude to the people who met with the next.
I think that there is no mistake as long as I think a great deal of this circulation.

Even if distantly separated, it will be passed from one to another, will return also to the people again, and will return also to myself.
Is an important thing such a simple thing in fact?
Thank you very much for the people who gave me as the appearance meeting and connection.
Certainly I returned this gratitude.

Netherlands Wageningen

1779240_463463367088701_1156292340_n

パリから一気に移動してオランダへ。そのオランダの中央付近にある、ヴァーゲニンゲンという小さな町。ここのヴァーゲニンゲン大学で、研究をしているエカ。以前インドネシアで会って仲良くなった彼女に会うためにここに来ました。

でも、会ったその直後から熱が出始め、寝込む。
結局まるまる2日間、寝込んでしまった。
その間エカは、栄養のつくものを作ってくれたり、インドネシアで風邪の時に飲む薬を作ってくれたり、本当に良くしてくれた。
あまりにも良くしてくれるので、気を使っていると、彼女は言う。

「気にしないで。私はオランダに来てからある人にとてもお世話になったの。今はそのお礼をあなたに返しているだけだから。だからあなたも、今日の気持ちをあなたの大切な人にちゃんと返したら、それでいいのよ。」

こんなにも美しい言葉。
言葉は心を洗い、素晴らしい景色を見せてくれる。
彼女以外誰とも繋がれなかったけど、それでも良いと思えた。
必ず返します。本当にありがとう。

I moved from Paris to Netherlands.
A small town in the Netherlands called Wageningen.
She is Eka. She is inquiring in Wageningen university, we met in Bali. I came here in order to meet her.
But immediately after we were meeting, I began to sick, catch a fever and fall asleep.
I have fallen slept for two days after all.
Eka cooked many food that have many nutrition, made the medicine from Indonesia and help everything in the meantime.
Since I improves too much, she says that.

“No problem. This is just relay. When I came to the Netherlands, a kind person helped me very much.
So just I returned the gratitude to you now.
Therefore, you should just also return today’s feeling to your important person. ”

What a beautiful word that is.
The ward wash my heart clean and shows a wonderful scene.
I certainly returns. Thank you very much.