Laos Ruang Namtha 1

DSC_3742

写真:黒岩正和

ラオスを振り返る。
2017年3月2日木曜日、ラオスのバン・ナムディに着きました。
4年前、偶然の出会いから仲良くなり、家に泊めてもらい、食事をし、共に時を過ごしたナンター一家。
いつかまた会いたいと思いつつ4年が経ちました。写真家の黒岩くんとのご縁で再びこの村に来ることができました。

4年ぶりの再会は心を震わせ、ナンターとタオオンは前と変わらない笑顔で出迎えてくれました。9歳になった孫娘のナンミンは少しはにかみながら。
ナンミンはさっそく友達を呼び集め、新しくなった村の小学校で似顔絵を描く準備を始めます。この村では彼女が監督。彼女のおかげでたくさんのご縁ができたのです。
ラオスもこの村も4年の間にいろんな変化がありました。この村の人達の暮らしにもその影響は大きくあるようです。
けれどこの先何年たっても、ここに来れば会いたい人達がいて、きっとまた笑顔で迎えてくれる。それだけでこの場所は自分にとっての大切な場所になる。世界は遠く、そして近い。

I look back to Laos.
I have arrived at Laos B.Namdy on Thursday on March 2, 2017.
4 years ago,I met the family, and I stay in a house, and which had a meal, and spent time together.
I’d like to meet some other time, but 4 years have passed, thinking. I could come to this village again by the relationship with my friend Kuroiwa of a photographer.

The 4 year after meeting shakes my heart. By the family’s smiling face.
Nang-min begins to call a friend together and draw a portrait by an elementary school in the village which became new right away. She is director at this village. The relationship of much is done thanks to her.
Various changes were between 4 years Laos and this village. The influence also seems big in people’s living of this village.
But, if no matter how many years away, when coming here, the people welcome with a smiling face again surely. This place will be the important place for me only with that. The world is far and close.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です