Gallery 2

さらにその後は大阪のSEWING GALLERYへ。ここでも素敵な作品、空間、大好きな人たちがいます。
やっぱり僕は、大好きな人との間に流れる空気が好きです。

たまけんさん、えみさん、はまちゃん、みんなで作り上げた空間はその場にいる人を包み込んで、自分全部を肯定してくれるような、そんな気がする。
いつまでも過ごしたい時間がここにあります。

「ふねとふく」 http://sewing-g.com/sg/2013/03/so-sea-tamai-emiko.html

 

After that, I visited SEWING GALLERY of Osaka. There are a great works, space, and favorite people also here.
I like too the air which flows among favorite persons.

The space completed by Tamaken-san, Emi-san, Hama-chan, and all together wraps and affirm all of me.
Here is time to spend long long time.

 

Gallery

昨日は滋賀県のgallery mammamiaで開催中の展示を見に行ってきました。
日本で久しぶりに見た展示は刺激も多く、何よりいつ会ってもあたたかく迎えてくれる皆さんに会えたことも嬉しかった。
素敵な「間」が広がっています。僕にとっての「間」とは人と人との間でしょうか。

「間」http://m—-a.blogspot.jp/

Yesterday, I visited to gallery mammamia at Shiga to see the exhibition.
I was glad to see good space in the exhibition and to meet people who greet warmly whenever I meet.
There is great “between” spreads.
“Between” for me is between people and persons?

 

 

結婚式

先日、結婚式を挙げたふたりの友人から依頼をもらい、似顔絵を描かせてもらいました。なにより嬉しいのはふたりの素敵な笑顔。
自分が描かせてもらった似顔絵が実際に使われている場面に出会うことは少ないですが、こうやって自分の似顔絵が誰かの手元に在ることが本当に嬉しいです。
自分の描いた絵が、自分とは別の素敵な時間を過ごしていることが嬉しい。本当におめでとう。末永くお幸せに。

The other day, I got the request of draw a portrait from the friend of them because they got married.
Delightful one is their great smile above all.
Although it is rare to meet with the scene where my portrait is actually used, it is really glad that my portrait is in someone’s hands.
It is glad that the portrait which I drew is spending great time different from my time.
Congratulations.
I wish you every happiness forever.

特別な一日

今日愛知県から来てくれた水野さん。びっくりしたけど昨日がプロポーズされた日だったようです!
そんな話をしながら描いていると、なんだか自分もその場にいるような気持ちになってきました。
そんな特別な瞬間にいる自分は、本当に幸せ者です。
本当におめでとうございます。どうか、いつまでも幸せに。。

They came from Aichi Prefecture today.
Although I surprised, He tried to proposed to her yesterday!
Drawing with such a talk, I feel I’m also in that occasion.
I’m a really fortunate person such a special moment for them.
Many congratulations.
I pray you please forever.

とうとい

無事に日本に帰ってきました。

たった3ヶ月離れただけで、こんなにも景色が違って見えます。 この3ヶ月間、本当にたくさん出会わせてもらいました。 いろんな物語が僕の中で生きています。

人と人とが出会って紡がれる物語は尊いと、あらためて実感しました。 その物語がある限り、人はその場所を自分のものにできます。 そしてその尊い物語を大切にする限り、人はこの途方もないくらい広い世界でも、ちゃんと旅をすることができます。

あなたがそこにいるという奇跡。
そしてその奇跡と奇跡が繋がって生まれる物語。

大切にしたい人がたくさんできました。
大切な人を大切に想う、そんな出会いや景色がたくさんありました。

似顔絵とはつまり、そんな物語を絵にすることだったんだ。

感謝してもしきれない。本当にありがとう。ありがとう。また会える日を楽しみにしています。

 

I came back to Japan yesterday at safety.
Only separat for 3 months, I think a scene is change and is in sight.
I was allowed to meet many people in these 3 months. Various tales are lived in me.

I realize the tale in which we were meeting is precious.
As long as there is the tale, we make the place as for ours.
And as long as we value that precious tales, we can travel also in such a large world.

The miracle in which you are here.
And the tale in which the miracle and miracle are connected and born.

I found many people who are special. There were many scenes someone is there, with his/her
special one.

I found that portrait was drawing such a tale as a picture.

Thank you very much. Thank you. I am looking forward to the day we can meet again.

余韻

再びしばらく過ごしたタイを離れ、今日からマレーシアに向かいます。マレーシアに着けばすぐに飛行機に乗り、今回の旅をいったん終えて日本に帰ります。
ああいよいよ。今はこれまで出会った人たちとのことを思い出しながら、余韻に浸っている最中です。

Today I leave Thailand passed for a while again , and I go to Malaysia.
If I arrive in Malaysia, I returns to Japan by plane.
Oh, still more.
I’m remembering the people who met on this trip. Thank you for all.

NYLON THAILAND

出版された、NYLON THAILAND。その中にアーティスト紹介で載せてもらいました。 そしてその出版記念のイベントに誘ってもらい、参加してきました。
初めて行ったファッション業界のパーティーは、見たこともないくらい華やかで、自分が過ごしている世界とのギャップを感じずにはいられません。みんなが華やかな衣装で参加している中、着倒したTシャツにハーフパンツ姿の自分が浮いていたことも言うまでもなく。
でもそんなギャップを飛び越えて、取材してくれたNYLONの人たち。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。記事の内容は読めませんが、思っていた以上に大きく取り上げてくれていて、嬉しいです。Sai、Pop、Bibi、みんなありがとう。

NYLON THAILAND published on March. I had put on the magazine by artist introduction. And I had invite to the event and participated.
The party of fashion magazine is really brilliant that I have never seen.
It is truly full of the feeling of gratitude. Although the contents of the report cannot be read, I’m glad to have taken my feature articles up greatly, more than I considered. Thank you, Sai, Pop, Bibi, and everyone.

 

Cambodia Phnom Penh

カンボジアのプノンペンに来て4日経ちました。
知り合いの人づてに紹介してもらった学校で似顔絵を描く毎日です。
4日間ひたすら似顔絵を描き続け、何とか64人の似顔絵を描かせてもらいました。
子どもはどこでもそうですが、元気いっぱいで。
正直、カンボジアに来るまでは、貧困や、戦争、虐殺など、負のイメージが先行していました。

みんなはどんな生活をしてるんだろうと。
僕が行って何か役に立てるのか。

でもそんな考えはみんなが吹き飛ばしてくれました。 元気。笑顔。気づけば似顔絵を中心に大きな輪っかができあがり、みんな絵を見るたびに大きな声で何か言ってくれます。はじめは恥ずかしそうにしてた子も背中に飛び乗ってきたり、腕につかまってきたり。

子どもっていう存在自体が希望だ。

ああもう少しの時間ここでいたかった。最後にみんなで撮った写真は圧巻だった! みんなありがとう。

I came to Phnom Penh in Cambodia and passed on the 4 days.
I was every day which draws a portrait in the school which had be introduced by friends.
I continued drawing a portrait intently for four days, and was allowed to draw 64 persons’ portrait.
Children have energy.
I had negative images, such as poverty, war, a slaughter, preceded until I came to here.
What kind of life everybody is living?
Do I some help?
But everybody blew away such an idea. Energy. Smiling face. There is a big ring will be done centering on a portrait and they saw a picture, and smiling, and say something! And then, we played together.
Child is hope.
Oh, I wanted to be here more long time. The photograph finally taken all together was the highlight! Thank you everyone.