Vietnam Can-tho

サイゴンから5時間ほどかけて、カントーというメコン川流域の町に行ってきました。
1泊2日の小旅行。近くの川沿いの村も訪れて、人々の生活の音を聞きながら、ほんの少しの時間滞在してきました。残念ながら似顔絵は描けませんでしたが、素敵な暮らしの風景も見ることができました。

さて、今日の夜からカンボジアに向かいます。残る日にちも少なくなってきました。カンボジアも少しの時間ですが、しっかり出会い、繋がり、似顔絵を描かせてもらいたいと思います。

I have been to the town of near the Mekong River called Can-tho over about 5 hours from Saigon.
The little journey for one night and two days.
While also visiting the village of a nearby river and hearing the sound of people’s life — time stay of mere a few — it has carried out.Though it was regrettable, the portrait was not able to be drawn, but the scenery of the special life was also able to be seen. 

Now, I’ll go to Cambodia from this night. The date which remains has also decreased.
Although Cambodia is also short time, I meet, feel, and draw portraits. 

Vietnam Saigon

ベトナム、サイゴンにて。
サイゴンに来る途中のバスで一緒だったMark。オーストラリアから来たナイスガイです。サイゴンに住んでいる彼の友達、笑顔がかわいいお医者さんのThuy(トイ)と会い、一緒に食事に行きました。食べ終わり、さっそく似顔絵を描かせてもらうことに。 描いてると食堂の人たちも集まってきて、即席の似顔絵の会が始まりました。
お互いを描き合ったり、写真取り合ったり、言葉は通じないのであまりないけど、そこには笑顔。
ベトナムの中でも大都市のサイゴン。 こんなにたくさんいる出会えない人たちの中で、今日出会えた人たち。
ああ途方もない。
本当に楽しかったです。ありがとう。

In Vietnam Saigon.
I met Mark he was together at Buss in the middle of coming to Saigon. He is the nice guy came from Australia. I met his friend, Thuy (she live in Saigon, and she have good smiling face) and went to have a meal together. After eating we start to draw a portrait. When drawn, the people of the restaurant also gathered, and the extempore portrait party started. Each other drawn, photograph, There is not so many language, but smiling faces there. Saigon is a big city even in Vietnam. People who were able to meet today in people who are so in large numbers, and who cannot meet.
Oh, it is very precious. It was really pleasant. Thank you.

Vietnam Hanoi → Saigon

ベトナム北部の都市ハノイから、南部の都市ホーチミンまでの長距離移動。約1800kmだそうです。
バスで50時間かけてようやく辿り着きました。人生で一番長くバスに乗りました。

ホーチミンではいろんな人の紹介で出会える人たちがいます。

ベトナムの広さを身体で痛感しつつ、また新しい人たちに出会えるのが楽しみです。

I moved long distance from Hanoi in northern Vietnam to southern city Ho Chi Minh.
It is about 1800 km.
I arrived at last over 50 hours by bus.
I took bus for a longest time in my life.
In Ho Chi Minh City, there are people who can meet in various persons’ introduction.
It is pleasure that I can meet new people.

Vietnam Tuan Giao

ベトナム北部の小さな町、トゥアンザオにいます。
ここは周りを山に囲まれた盆地の中の町。周囲には黒タイ族やモン族の人たちの村が点在する、静かな場所です。
そこの村の一つでたくさんの人たちに出会いました。
旅中にご縁があった方の紹介で、トゥアンザオを訪れたんですが、ご縁がご縁をよび、とある小さな村に行き着きました。
ここの村は主に黒タイ族の人々が暮らす村。初めて着いたその日に1人の子供さんを描いたことがきっかけで、それはそれはたくさんの子供たちが来てくれました。
子供の持ってる、それこそ全力の好奇心は世界のどこにいっても変わらないと思います。 ただ、はじめのその壁を取っ払ってくれるものが必要。
それは、僕にとっては似顔絵です。誰かの似顔絵を描くことができれば、そんな壁なんていとも簡単に越えられる。

さて、今日から大移動。ベトナム北部から南部のサイゴンまで3~4日かけてバスで移動します。また新しい出会いがそこにあるはず。楽しみです。

I’m in Vietnam, Tuan Giao now.
Here in the valley town surrounded by mountains around.
Around the town, Here is some villages of Hmong people and Thai Dam people surrounded by a quiet location.
I met a lot of people in one of the villages there. In the introduction to those who have met in the journey, I visited Tuan Giao.
I arrived for the first time that day, a lot of kids came.
I think children have good curiosity. It’s not changing if I go to anywhere in the world. Just need something that take away the first wall each other. For me, That is a portrait. If I can draw a portrait of someone, I can take away the wall beyond that very easily.

Well, great migration from today. I move by bus from Tuan Giao to Saigon over 3-4days from northern Vietnam. I’m looking forward to it!

Laos Luang Namtha 7

ルアンナムターにいる間中、ずっとお世話になりっぱなしのナムディー村。ラオスを離れる前に、もう一度みんなと会いたくて、再び訪れました。
相変わらずあたたかく迎えてくれるみんな。
1泊させてもらい、似顔絵も描かせてもらい、少しの手みやげと、たくさんの大切な物語をもらって、明日、ラオスを離れます。
ここでもたくさんの出会いが僕を引き止めてくれて、たくさんの大切な人たちができました。 気づけば約1ヶ月も滞在させてもらった。
一言ではまだ言えませんが、ここで過ごして共有できたものは、自分の人生にとってものすごく大きいことです。

日本に戻っても、世界のどこかで誰かが自分とは違う時間を暮らしていること。そしてそんな人たちの当たり前の暮らしの中には、たくさんの尊い風景があること。それを知れたことは、本当に大きい。そしてあらためて、まだ出会えていない誰かに会いたいと心から思うのです。

明日からまた長距離の移動。移動の時はいつも寂しさと期待が入り交じる。陸路を3日間ほど乗り継いで、次の国ベトナムへ向かいます。

I came back to NamDee village.
Before leaving Laos, I want to meet everybody once again, I visited. Everybody greets warmly as usual. I’m allowed to stay overnight, and am allowed to draw portraits,I got some gifts and many important tales, and I’ll be left Laos tomorrow.
I have many important people in there. I noticed, I stay about one month. Although I can’t say yet at a word, everything passed here and has been shared is very important for my life.
Even if I return to Japan, someone live the time that different from my time, in the world. And there are many valuable scenery in a daily life of people. It’s really important that I was found.
And I wish to meet anew someone who has not met yet. I move to a long distance again from tomorrow. I’ll go to next country, Vietnam.

Laos Luang Namtha 6

ルアンナムターの町から20km以上離れた山の中に、アカ族という民族の人たちが住む村があります。 実は前回ルアンナムターに来た時も歩いて行ってみたのですが、あまりの遠さに(あと時間的に)断念した村です。
今回は再挑戦。 前に諦めた地点から一つ目のカーブを曲がると村が見えました。本当にあと一歩で諦めていたようです。
苦労して着いた村はとても素朴で土っぽくて、自分が想像していた通りのアカ族の村でした。
アカ族のみんなはとても距離が近く、着いてすぐに似顔絵を描かせてもらいました。 描き始めるとそれこそすぐに人だかりになります。みんな絵を見るたびにとても良い顔で笑ってくれる。何を言ってるのかは全くわからないけれど、あたたかく迎えてくれているのはわかります。
今回はあまりゆっくりできませんでしたが、次に来た時にもう一度、何日かかけて訪れたい村です。

There is a village where Akha people live, 20km or more away from the town of LuangNamtha. Although I walked also when it came to LuangNamtha last time in fact, I given up far too much (back in time).
It is a re-challenge this time.
Akha village is very simple, it was as my imagining.
Everybody very friendly, so I could draw portraits immediately. Just it becomes a crowd shortly after beginning to draw. And everyone become smile. Although I can’t understand what they said, I can understand that they have warmly feelings.
Although I wasn’t able to stay enough time,next time, I want stay more longer.

Laos Luang Namtha 5

ラオス、ルアンナムターに戻って来ました。再び谷さんと合流。
一緒にいろんな村へ連れて行ってもらい、ラオスで実際行われている手仕事をいろいろと見せてもらいました。
日本でも昔はいろんな場所で、普通に行われていたものづくりの数々。
紙すき、糸紡ぎ、機織り、養蚕、刃物作り、竹細工。。
みんないとも簡単につくっていますが、多分今の僕にはつくれないものばかり。 そんなラオスでも今まさに急速に失われていっているそうです。
変わっていくこととそれを残そうとすること。とても難しいことですが、やっぱり谷さんはあきらめていない。 種類は違っても、僕は僕が美しいと思う景色や物語を描き続けようと思います。

I’ve returned to Laos LuangNamtha.
I met Ms. Tani again. I went to villages with her, and had shown variously handworks actually performed in Laos.
They are much craftsmanship which is various places a long time ago, and was performed ordinarily even in Japan.
Making paper, weaving, sericulture, making an iron tool, a bamboo ware..
Although all are maked very simply, maybe I can’t do that.
It is said that now just lost quickly even in such Laos.
It tries to leave and changing. Although it is very difficult, Ms. Tani has not given up. Even if a kind is different, I’ll continue my work, drawing the scenes and tales which I believe beautiful.

Thailand Chiang Rai 2

再びチェンライ。 この前会えなかったギャラリーのオーナー、アーティストのアンクリットと会いました。彼はアーティスト、ペインターで他のアーティストをギャラリーで紹介するキュレーションもやってる人。日本でも何度か展覧会をしているらしい。彼ともとても良い友達になれた。
Angkrit Gallery → https://www.facebook.com/angkrit

僕の描いた絵を見て、話をする。そのまま似顔絵を描かせてもらい、一緒に昼食を食べ、彼の息子を迎えに行くついでにそのまま車で町まで送ってもらう。 コーヒーとケーキをごちそうになる。
その間、やっぱり話は自然とものづくりの話になる。
似顔絵を描くほんの1時間ほどの間に感じた感想を言ってくれる。 その感想は、僕が似顔絵を描く時に大事にしたいと思っていること、似顔絵の可能性だと思ってる大切なことを、ぶれずにそのまま感じてくれていた。

「あなたのやってることはいいね。あの時に共有した時間、ストーリーが大切なんだね。」
「続けていることが大切だ。これからもずっとね。あなたが出会った人たちのストーリーを積み重ねていくことが大切だ。」

ほんの少しの時間で伝わったことが嬉しかった。きっと自分自身、たくさんの出会いに磨かれていっているんだと思う。自分の伝えたいこと、大切にしたいことがシンプルになっていってるんだと思う。 やっぱり大切なことは多くはない。あらためて似顔絵を描き続けることを決意した一日でした。
チェンライも今回で終わり。タイから離れ、再びラオスへ向かいます。

I come back Chiang Rai again.
He is owner of Angkrit gallery and artist before I couldn’t met. He is an artist and painter and sometime curator. He had held the exhibition in Japan several times. I think we were able to become good friends,too.
Angkrit Gallery : https://www.facebook.com/angkrit

I’m allowed to draw a portrait then, eat lunch together, and he took me to a town by car with his son. And we drank coffee and ate cake together. In the meantime, the talk turns naturally and a talk of art and our works. He said the comment felt in when I drew his portrait. It is something to prize and the important thing currently regarded, now I’m thinking.

“The time and the story which were shared at that time are important. ”
“Continuing is important. It is important to accumulate the story of the people whom you met. ”
I was glad to having been transmitted in such a few time. I think that it is surely polished by much meetings with people. I think the value which I wants to tell, are become simple. Important things are not so many. It was a day, I decided to continue drawing a portrait anew.

Chiang Rai is also this time and, finally it is. I departed from Thailand. and goes to Laos again.

Thailand Maesalong 3

4日間お世話になったヘゴ村から帰ってきました。本当に短い時間でしたが、村の人はそれこそ昔から知ってる友達のように、迎えてくれました。
こうやってもう一度訪れたい場所がひとつひとつ増えていく。
きっといつかもう一度戻り、一緒においしいお茶を飲みたいと思う
ここの村で一緒に共有した時間、一緒に積み重ねた物語は、本当に尊い。

I came back from Haygo village which was indebted for four days.
Although it was really short time, people of the village greeted like friend who knows from long times.
The places go on increasing to visit once again.
I would like to surely return once again in when, to drink delicious tea together.
The story accumulated together,and time shared here together,is really important.

Thailand Maesalong 2

メーサロンからヘゴ村へ歩いて移動。山間の移動なので約2時間半かかります。
でも今日は通りすがりの地元の若者がヘゴ村の手前までバイクに乗せてくれました。
今までの自分の感覚では、そのとき初めて見た人に声をかけて、バイクに乗せるなんて考えられなかったけど、ここに来てその感覚を越える経験がたくさんあります。 似顔絵を描かせてもらっているヘゴ村でもみんな優しく迎えてくれる。
こういうことがある度に、いつかこの恩を誰かにリレーしていかないといけないと思います。

From Maesalong to Haygo village by walk, it takes about 2 hours and a half.
But the young man local put me on the motorbike to this side of a Haygo village today.
With my feeling, speaks to the first person to see then, and although it was not thought that he put on a motorbike, I have much experience which comes here and exceeds my feeling. All are greeted kindly also in Haygo village on which I’m allowed to draw a portrait.
I think that when or this obligation must be relayed to someone whenever there are such kind things.